男は、ストレートな好意に弱い

男は、ストレートな好意に弱い

「好き」とを言葉で伝えるだけが好意の意思表示ではありません。

 

言葉以外でも、あなたの好意を男性に伝える方法は、たくさんあります。

 

男性は、案外ストレートな好意表現に弱いんです。

 

それでは、具体的にどういうしぐさで
あなたの好意を男性に伝えたらいいでしょうか?

 

笑顔を基本に、親切にしてあげて下さい。

 

忙しそうにしていたら「何か手伝おうか?」とかあなたが、
できそうなことを自己申告して伝ってあげましょう。

 

次に、よく話しかけてみましょう。

 

「今日、ランチどうする?」とか、
「あれ?髪型変えた?」なんてね。

 

他の男性と話してる時より、
あきらかに楽しそうに話をしましょう。

 

もちろん、すべてT・P・Oを考えて、
常識ある行動が必要ですが
「この子、オレに気があるな」
「こいつ、オレの事好きなんじゃない?」
と思わせてしまうんです。

 

男性は、よっぽどじゃない限り、
自分に好意を持ってくれてる女性の存在は、
嬉しいものです。

 

たとえ奥さんがいたり、
彼女がいても嬉しいものです。

 

オレもまんざら捨てたもんじゃないな。

 

って思ってしまいます。

 

ですから、好きなのに意地悪な態度や
ツンツンした態度をとるのは、逆効果。

 

気を引きたいから、小学生が女の子に意地悪を
するのとおんなじ次元になってしまいます。

 

言葉で「好き」と伝えるのが恥ずかしいなら、
せめて、何気ない態度に、好きという気持ちを、こめましょうね。

page top