容姿に自信がもてない

容姿に自信がもてない

「私・・・デブでチビでブサイクだから・・・」

 

デブでチビでブサイクだと恋はできないんですか?

 

そんな恋愛の法律は、ありません。

 

あなたが、彼氏のできない言い訳をしているだけです。

 

生まれつきの顔や、体質を変えるのは、
なかなかむずかしいかもしれません。

 

でも、自分が思ってる程、周りはあなたに関心ないもんです。

 

たとえば、スカートのファスナーが、
1日中開いてたことに、夕方気づいたとします。

 

気づいたあなたは、赤面ものでしょうが、
以外と周りは気づいていない・・・

 

そんなもんです。

 

それに、世の中の男性すべてが 細身で、背が高くて、
綺麗な女性しか好きにならないわけじゃありません。

 

女は、愛嬌。

 

美人じゃないけど、なんか憎めない女性とか、
話し方が、とても気持ちいい女性とか、
心配りが上手い女性とか・・・。

 

容姿以上に、女性を輝かせる要素は、たくさんあります。

 

ちょっと太めな女性が好きな男性もいます。

 

計算の苦手な女性が好きな男性もいます。

 

背の高い女性が好きな男性もいます。

 

あなたの嫌いな容姿は、あなたの自信のなさが
カタチになって見えているだけで、
実際は、そんなに酷いものではない場合が結構あります。

 

有名な話に、あの世界的女優オードリーヘップバーンも若い頃、
自分の容姿にコンプレックスを感じていたそうです。

 

「ブラウンヘア」「エラがはった輪郭」「大きな唇」「小さな胸」

 

どれも、とても魅力的なパーツなのに、本人にとっては、
コンプレックスになってしまうことが確かにあります。

 

でも、それらのパーツを隠すより、磨いていくことで輝きを増し、
魅力的になっていくのではないでしょうか?

 

昔は、おちょぼ口と言って小さな口が可愛いと
言われていた時代もありましたが、
最近は、叶 恭子さんのような肉厚のある
セクシーな口も好まれるようになってきています。

 

あなたの悩んでるコンプレックスは、
あなた自身が作っているものかもしれません。

 

あなたは、世界にひとりだけの唯一オリジナルな存在です。

 

もっと、胸を張りましょう。

 

あなたのために・・・

 

そして、あなたを待ってくれている人のために・・・

 

いつ、その運命の男性に出会ってもいいように自分を磨きはじめませんか?

page top