話下手をなおしたい・・・

話下手をなおしたい・・・

女同士なら気軽に話せるのに、男性の前だとうまく話せない・・・

 

意識しすぎるのかな?

 

変に緊張しちゃう自分がイヤになる。

 

あなただけじゃありません。

 

何を話せばいいんだろう・・と考えれば、
考えるほど無言になってしまい、
ふたりの間に沈黙が流れます。

 

そんな時は、男性に話してもらえばOK!

 

え・・・?どうやって?

 

ちょっとした、誘い水的な言葉ではじめます。

 

「のど渇いちゃった。○○君、何飲む?」

 

飲むのを前提に「何を飲むか」聞きます。

 

飲みもの・・というお題がきました。

 

そしたら、しめたもの。

 

「どうして、好きなの?」とか、
「ちょっと、ちょうだい」とか、
「私の飲む?」とか
「今度買ってみよう」とか・・・

 

適度な間をもって質問していきます。

 

お題があると話が膨らみやすいです。

 

但し、マシンガンのように質問してはいけません。

 

尋問のように感じてしまいます。

 

男性の好きなもののが見つけられますし、
会話も弾むし、いいことだらけ。

 

また、男性は「男を立てて」もらうような話が好きです。

 

具体的には、話をよく聞いてあげるとか、
褒めてあげるとかに弱かったりします。

 

話し方のコツは、笑顔。

 

口をへの字にしてムスッとした顔では、
恋愛運はつかめません。

 

どうしても、真っ赤になって話ができんない時でも、
好きな男性といる時は、笑顔で、あなたと話ができて楽しい〜
という雰囲気を感じさせることを忘れないで。

 

あとは、自分自身で「話下手」って暗示をかけないこと。

 

ゆっくりでも、気持ちをこめて話したり聞いたり、
ふたりの会話を楽しむ気持ちがあれば心は伝わります。

page top